お風呂での水のトラブル対処方法

水をよく使う場所はトイレやキッチンなどを想像しますが、お風呂も水を沢山使用している場所です。しかし、水を使っていればトラブルも起きやすくなってしまいます。お風呂で問題が起きた場合使用することが難しくなってしまうため、気づいた時に早めに修理することが望ましいです。ここではお風呂で起きやすい水のトラブルについて紹介します。排水溝から水が逆流してしまうケースも多いですが、市販されている薬を使用することで改善することもできるため、ここでは修理業者に依頼しなくては直らない例を挙げます。お風呂でのトラブルが不安な方は事前に状態を把握し、トラブルを防ぐようにしましょう。

■シャワーヘッドや蛇口からの水漏れ

お風呂で使用されている蛇口にはいくつかの種類があり、水とお湯の出る量を調節するバルブが2個あるタイプ、1本のレバーで温度を調節するタイプ、蛇口とシャワーで切り替えを行うタイプなど構造が複雑になっています。ホースの交換程度であれば自分で行うこともできますが、蛇口からの水漏れは修理業者に依頼することをおすすめします。
シャワーのつけ根や、蛇口本体、壁とシャワーの接続部分など使用年数が経過するとどこでも起こりやすくなってしまいます。最初は少量の水漏れですが、症状が進んでしまうと水が止まらなくなってしまうこともありますので、水のトラブルを防ぐためにも早めに直すことが望ましいです。

■シャワーの出が悪くなってしまった時の対応

シャワーを使っていると水量が低下しているのではと感じてしまうことがあります。これは築年数の経過している住宅で起こりやすい水のトラブルで、シャワーヘッドの中に水垢が溜まってしまうことが原因で起こります。溜まってしまった水垢がシャワーの出を悪くしているのです。このような時はシャワーヘッドを分解し、清掃することでシャワーの水量を戻すことができます。使用年数の古いものは、ヘッドのみを交換するという方法もあります。最近のシャワーヘッドは手元のボタンでシャワーを出したり止めたりすることができるものもあり、しゃがむ必要がありません。節水にもなるのでシャワーの水圧が弱いのではと感じた時は新しいタイプも検討してみるといいでしょう。リーズナブルな値段で交換することができます。

■まとめ
お風呂で起きやすい水のトラブルをご紹介しました。どの修理も比較的簡単に直してもらうことができるので、トラブルに気づいた時点で依頼することをおすすめします。放置してしまうと悪化し、修理に時間がかかるだけではなく、費用まで高くなってしまいます。故障したのをきっかけに便利なものに交換する方法もあるので、修理業者に相談してみるといいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ