水のトラブルはリフォームが修理より安い?

トイレで水のトラブルが起きてしまった時は焦ってしまい、すぐに修理しなくてはと意識が修理する方向だけに向いてしまいがちです。しかし、本当に修理がベストな選択なのでしょうか。もちろん放置することや、様子を見るというわけではありません。ここでは修理以外のリフォームを選択肢に入れることでより使いやすく、結果的に安く済む理由を紹介します。築年数が古い方や、10年以上同じトイレを使用している人は参考にしてみましょう。

水のトラブルが起きても修理できない場合もある

トイレでの水のトラブルは修理業者を呼べば改善することができますが、修理できない場合もあります。それは部品が生産終了で販売されていないケースです。
トイレ部品の場合基本的に10年程度で部品の生産が終了します。これ以降は似たような部品があることもありますし、全くないケースもあります。部品がなければ業者でも直すことはできません。部品があった場合でも、問題の箇所の修理ができても、他の場所が故障した時は部品がないという危険性があることを考えておきましょう。
今症状が出ていなくても10年以上使用しているトイレは、年月が経つにつれて故障個所が出てくるようになりますので、修理回数も増えてしまうことになります。一回の修理費用はリフォームより安いですが、回数を重ねてくるとどちらが安いのか疑問に思ってしまうこともあります。

■リフォームが安い理由とは

リフォームを行うと最新のトイレを導入することができます。10年以上前のトイレに比べて新しいトイレは、水の量が半分以下しか使用しないものや、電気代が3分の1以下の商品があるため水道光熱費を下げることができます。一回の金額で考えると少しの差かもしれませんが、年間で計算するととても大きな節約になります。
また、トイレやタンクだけでなく工事費までセットになっている業者もあるので、セットで依頼することで安くリフォームができる場合もあります。古いトイレの処分費用までセットになっている業者もあり、よりお得ですのでおすすめです。

■まとめ
水のトラブルが起きた時は、修理だけでなくリフォームも選択肢に入れることで結果的に費用が安くなる場合もあります。古いトイレはトイレ本体だけでなく、床などに水漏れが起こる危険もあるため、頻繁に修理をしているようであればリフォームも検討してみましょう。どちらにするか迷った時は、修理とリフォームを両方できる業者に相談すると両方の場合の見積もりをもらえるので参考になります。トイレの状態から今後起きそうなトラブルなども聞いてみると、どのくらいの修理をしなければいけないのか把握することができます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ